この動画は無料会員登録の上、ご購入(¥500)頂きご覧ください。


  会員登録する   ログイン

キープの本質が身につくドリブル練習

会員 ¥500
0 ←お気に入りはこちら
 15
ログインするとコメントをすることができます

◆困ったらすぐにクリアしてしまう選手
◆1対1の練習では上手くキープできるのに、試合になるとすぐに奪われてしまう選手
◆同じ場所で頑張ってキープしているが、最終的には獲られてしまう選手

 

そんな選手はキープの本質(目的と言い換えても良い)が理解できていない可能性があります


キープの本質(=目的)とは『時間を稼ぎながら、次の展開に繋げること』です。


この本質が理解できていれば、同じ場所で踏ん張ったり、顔を下げてしまったり、周りのサポートが遅くなるということがナンセンスだということがわかります。

ボールのラインを下げたくない場合を除き(トップやピヴォの選手が縦パスを受けて、周囲の上がりを待つ時など)、『時間を稼ぐ』という目的に沿ってプレーすれば、空いているスペースにコントロールしながらディフェンスからのプレッシャーをいなすという発想が湧いてきます。
また『次の展開に繋げる』という目的が理解できていれば、いたずらにクリアしたりせず、目線をなるべく上げて周囲の状況を把握しようとするハズです。
またチーム全員がキープの本質を理解していれば、オフ・ザ・ボールの選手がサポートに来るタイミングも早くなります。味方がキープし始めた段階で「次の展開に繋げるために時間を稼いでいる → 早くサポートに行ってあげなければいけない」という思考になるからです。


スペインでは「コントロールオリエンタード(注1)」を徹底して身につけさせます。フットサルでは1stコントロールを足元に止めることはあまりありません(敢えて足元にピタリと止めて反転したり、キープすることはあります)。
プレスが激しく、時間的空間的余裕を自ら作り出さなければいけない現代サッカーにおいては、キープの本質を理解し、実行できる選手の重要性が高まっています。
(注1…方向づけをしたコントロール)




今回収録した練習メニューは、1対1という単純で整理されたオーガナイズから、トレーニング①、トレーニング②といくにつれて複雑で混沌とした状況へとシフトチェンジしています。
大切なのは、目的に沿っていて尚且つリアリティーのある練習をすることです。試合中ではディフェンスを背負った状態から始まることはありえません。また目線を下げることは前述の通りナンセンスです。

 

つまりボールを動かさないと勝てない、顔を上げた方が得をする練習メニューをさせてあげることで、実戦に即した技術を体得させることができます。

 

フットサルは時間的・空間的な余裕が少ないという競技特性上、コート内全ての選手にキープ力が求められます。

「フットサルがサッカーの武器になる!」

のオーシャンズスクールラボのコンセプトの通り、フットサル的なキープ理論をトレーニングすることは、サッカー選手にとっても非常に有用性が高いのでは無いでしょうか?


 


 

【キープのドリブルと運ぶドリブル】


皆さんは「キープのドリブル」と聞くとどのようなものを想像されますか?たぶん世間一般では、ディフェンスを背負って奪われまいと頑張って耐えるようなものを想像されるのではないでしょうか?
しかし、我々の考えるキープの本質や目的というのは、時間を作ることで次の良い展開に繋げることだと考えています。つまり従来のキープのドリブルというよりかは、運ぶドリブルとキープのドリブルの中間のようなイメージを持って指導しています。

特にフットサルではゴールクリアランスを受けたフィクソの選手が、その場にボールをとどめてしまうと一気に形勢が不利になります。ボールをディフェンスから隠しながら(スクリーン)動かす技術がとても重要なのです。サッカーでも清武選手などは非常にこの技術が上手いですよね。

「キープ」や「突破」のように明確に定義された技術ではないがために、その指導も今まで通りとはいきません。
本動画は、同じ悩みを持つ指導者の皆様に見て頂き、少しでもお役に立てればという思いで、制作いたしました。

よかったら是非ご視聴ください!
 

 

名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー「キープの本質が身につくドリブル練習

 

「名古屋オーシャンズ」って何?

全国フットサルリーグ所属。日本No.1、プロフットサルクラブ「名古屋オーシャンズ」。国内だけでなくAFCフットサル選手権を3回制覇。本拠地のテヴァオーシャンアリーナはスタジアムとして世界No.1の規模は壮観である。

 

「名古屋オーシャンズフットサルスクール」

「名古屋オーシャンズ」の公認下部組織として愛知・三重県を中心に活動する「名古屋オーシャンズフットサルスクール」。
スクール生650名を超え、プロ選手も輩出しています。

 

 

『指導者の 指導者による 指導者のための 練習メニュー動画』

 

それが「名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー」です。

 

実際に1レッスンを通しで収録しています。

1日のトレーニングにおいてテーマをリンクさせた練習構築でウォーミングアップ、トレーング1(トレーニング2をするにあたって、しておくと良い練習)、トレーニング2(当日のメインメニュー)を紹介。

 

名古屋オーシャンズフットサルスクールで実際に行われている練習メニューを紹介するだけでなく、”指導者の立場に必要な理解、指導ポイント”を皆さまの普段の練習のバリエーションとしてすぐに取り入れてもらえるよう解説入りでご覧いただく為に撮影・編集した動画です。

昨今サッカーの指導本は数多く発信されていますがそのほとんどは練習メニューの紹介にすぎません。
毎日現場で指導しているコーチが撮影・編集にあたっている本作品は、指導者が”本当に知りたい情報”が詰まった内容になっています。

 

練習メニューのポイント、コーチングのポイントとその対象プレーの紹介、実際に起こりうる成功・失敗の紹介、練習メニューの細かいオーガナイズまで網羅されています。

また、プレーの実践者がうますぎて「うちの子のレベルじゃそんなことにならないよ」というミスマッチがないよう一般的なプレーレベルの選手をイメージして制作しています。

また日本サッカーに欠けている「個」の育成にフットサルは、最適です。プレーヤーの数が少なく、コートも狭いフットサルだからこそフットボール全体(サッカー、フットサルなど)に通じる”本質”を学ぶことができます。

サッカーのみの指導であっても戦術トレーニングは中学生まで最大で5~7人で行います。基礎的な指導となると2~4人のトレーニングが大多数を占め、それはフットサルと共通する現象が多く発生するのです。

フットサルチームの指導者はもちろん、サッカーチームの指導者にとってもすぐに使える実践的な内容になっています。特にこの動画はルックアラウンドを習慣的にする練習の紹介なので社会人フットサルチームの練習がマンネリになっている監督さんにも最適です。


※名古屋オーシャンズフットサルスクールは、サッカー・フットサルに共通する”フットボールの本質”を指導することを重視しています。フットサル特有の(サッカーでは使いにくい)技術、戦術のみの指導は、重視しておりません。

 

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

◇この動画の練習内容は何?

 

 

1)ウォームアップ

 

スクリーン技術の再確認のため1対1のキープ練習でアップを行っています。
小学校低学年(1〜3年生)でも楽しく練習に入れるようにハンドキープから始めています。

 

 

2)目的を持たせたキープ練習

 

トレーニング①では状況に応じてスクリーンと運ぶドリブルを上手く使わける必要があるトレーニングです。
ディフェンスが入った対人練習ではありますが、状況を認識できていれば技術的に高いレベルが求められるトレーニングではありません。
キープの本質を理解させるトレーニングの導入として適したトレーニングです。
レベルに応じたプレー強度の調整の仕方も紹介しています。

 

3)敢えて複雑化し負荷を高めたキープ練習

 

トレーニング②は、敢えて複雑化したトレーニングになっています。ディフェンスがいつ・どこから出現するかわかりにくい状況下で常にルックアップし、周囲の状況を把握しておく必要があります。止まってしまうと複数いるディフェンスに囲まれる可能性もあるため、ボールを狙いを持って動かす必要があります。

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

 

名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニューの特徴

 

特徴①

1日のトレーニングの流れ・つながりのある構築を紹介

 

特徴②

トレーニングパートで実際にプレーしている映像を交えながら戦術の基礎の理解を深めることができる

 

特徴③

ポイントを解説するのにわかりやすく音声や動画内で印や矢印で表記し指導内容、コーチングを深く理解することができる

特徴④
「動画でレベルアップが加速する」というオーシャンズスクール ラボのコンセプトの通り、動画で見ることにより複雑なポイントも簡単にご理解頂くことが出来まる

特徴⑤
「フットサルがサッカーの武器になる」のオーシャンズスクール ラボのコンセプトの通り、フットサルの技術や戦術、トレーニング方法を学ぶことでサッカーチーム・選手においても独自性や成長に繋がる

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

【視聴者の感想】

 

41歳・指導者さま

恥ずかしながら今までキープの本質について深く考えたことがありませんでしたが、この動画を見て納得しました。
うちのU-10の選手にこの練習メニューを実際にやらせましたが、考えながらプレーすることが楽しかったようです。

38歳・指導者さま
紅白戦前にコーチが話しているところが参考になりました。コーチによって言い方も違うので、他のコーチの伝え方は参考になります。

 

 

【動画のメリット】

普段多忙な中、時間を作って指導に当たられている方々に最適。DVDや本などと違って教材を持ち歩かずスマホ・ノートPCがあればいつでも・どこでも学べます。

1度ご購入いただいた動画は無期限で何度でもご視聴いただけます。

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『商品情報』

商品名/名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー『キープの本質が身につくドリブル練習

 

商品形態/有料動画  ※一度購入して頂ければ何度でもご視聴頂けます

指導者向け動画

                     
競技対象/U-9(小学2・3年)

価格/500円

 

動画の長さ/13分56秒

購入方法/クレジットカード及びpaypalによるお支払い