この動画は無料会員登録の上、ご購入(¥500)頂きご覧ください。


  会員登録する   ログイン

「ルックアップ」を技術として身につけるドリブル練習

会員 ¥500
0 ←お気に入りはこちら
 19
ログインするとコメントをすることができます

名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー 

ルックアップを技術として身につけるドリブル練習

 

名古屋オーシャンズフットサルスクールで行われている練習を動画に収録。

練習メニュー紹介だけでなく指導ポイントを挙げ、よいプレーの紹介やプレーの改善点を実際に起こった状況での解説します。


今回のテーマは「ルックアップ」です。
なんとなく「周りを見ろ!」という指導からの脱却を目指して、”技術”としてルックアップを指導出来るようになるための動画です。

ジュニアに特化した指導(例:子供が理解できるよう工夫され、子供に身につけてほしい技術を競争する中でいつの間にか身につけているような練習など)で今回は低学年を対象にイメージしたドリブル練習です。

 

皆様のチームではどのくらいドリブルを教えていらっしゃいますでしょうか?

もし貴方がドリブルの指導について不安があるのであれば、本動画を参考にしていただければ幸いです。


>>> 【サッカー動画】制作秘話ブログ「初心者でもドリブル突破が簡単に出来るポイント」

 

◇名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニューって何?

 

日本No.1フットサルクラブ「名古屋オーシャンズ」の公認下部組織として愛知・三重県を中心に活動する「名古屋オーシャンズフットサルスクール」。
スクール生500名を超え、プロ選手も輩出している名古屋オーシャンズフットサルスクールで実際に行われている練習メニューを”指導者目線”で撮影・編集した動画です。

毎日現場で指導しているコーチが撮影・編集している本作品は、指導者が”本当に知りたい情報”が詰まった内容になっています。
ただの練習メニュー紹介ではなく、練習メニューのポイント、コーチングのポイント、練習メニューの細かいオーガナイズまで網羅されています。実際に子供に練習してもらうと起こる現象を知ることもでき、改善する指導も紹介します。

また日本サッカーに欠けている「個人戦術」の育成にフットサルは、最適です。プレーヤーの数が少なく、コートも狭いフットサルだからこそフットボール全体(サッカー、フットサルなど)に通じる”本質”を学ぶことができます。

フットサルチームの指導者はもちろん、サッカーチームの指導者にとってもすぐに使える実践的な内容になっています。
※名古屋オーシャンズフットサルスクールは、サッカー・フットサルに共通する”フットボールの本質”を指導することを重視しています。フットサル特有の(サッカーでは使いにくい)技術、戦術のみの指導は、重視しておりません。

『指導者の 指導者による 指導者のための 練習メニュー動画』

 

それが「名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー」です。

 

 

◇ルックアップってどんなもの?

ボールを保持している時に,ボールから目を離して遠く(3~30m)を

状況把握の為に見る動作です。

 

まだルックアップを身につけていない子はドリブルをすると顔を下げ、目線を下向きにボールを注視してドリブルします。球際の競り合いで頭が”ごっつんこ”なんてことがよくありますよね。

 

常にボールを見てドリブルしている状態から「ルックアップ」という技術があるということを知り、身につけていくことが導入期に必要になってきます。

 

 

◇どんな練習メニューをすればボールから目を離すドリブルが身につくの?

ルックアップの一連の動作を言葉で説明しようとすると指導者と選手間の主観の違いや、共有しにくいことがあり非常に困難です。また小学生は理解力や語彙も少なく説明で伝えるのはひと苦労ですよね。

 

認知、行動の複雑な時系列を難しく説明するのではなく、選手が勝負に勝とうとして、ルールを守ろうとして自然とそうなるようなルールや状況の設定(オーガナイズ)でトレーニングを構築しています。

動画に至るまでに出演の木村コーチは練習を何度も改善を重ね作り込んだ練習なので私も参考にして(パクって。。。)ます(笑)。

 

本動画では、練習メニューの紹介にとどまらず、いかに選手に伝えるかというコーチングの部分まで踏み込んだ内容になっています。

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

◇この動画の練習内容は何?

 

 

1、ウォームアップ

一般的なカラーマーカーを使ってのドリブルにちょっとしたルールを付け加えて思考も伴ったボールタッチを鍛えます。

 

2、トレーニング①(対人練習)

視野を広げる為に良く用いられる鬼ごっこをボールを使ったものにアレンジ。トレーニング②につながりがでるよう死角も確認することをルールをだんだん付け加え、徐々に慣らしていきます。

 

 

 

3、トレーニング②(対守備練習)

 

次はより実戦に近い相手での練習です。

カラーマーカーの間をドリブル通過をゴールとするルールの中で選手自身が考えてプレーするような声のかけ方もご紹介。

バリエーションでルールを付け足し、それによってどんな現象が起こるのか。

偶然そうなるのではなく指導者は意図して身につけてほしいルックアップの要素が発生するようルールを使いこなします。

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

こんな方に特にオススメです。
 

指導の本などで対人練習などは知っているけど、そのレベルの練習を子供自ら考えてプレーできるレベルに至っていなくて同じミスばかり。。。

 

地道な基礎練習に子供自身で集中できるほどではなく真剣に練習できないものか。。。

 

子供が上手にプレーできていなさすぎて何を、どこからアドバイスしたらいいかわからない。。。

 

ちょっとした工夫を参考に次回から貴方の指導現場で練習を進行していただければ子供たちは変化を感じ取ってくれるはずです。

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

 

名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー 

ルックアップを技術として身につけるドリブル練習

 

特徴①

1日のトレーニングの流れ・つながりのある構築を紹介

 

特徴②

トレーニングパートで実際にプレーしている映像を交えながら戦術の基礎の理解を深めることができる

 

特徴③

ポイントを解説するのにわかりやすく音声や動画内で印や矢印で表記し指導内容、コーチングを深く理解することができる

 

特徴④

アフターフォローシステムにより、トレーニングに関する疑問点をすぐに解決することができる

※アフターフォローシステムとは、サービス対象商品の購入者のみ利用可能な限定サービスです。商品の内容に関するご質問に当サイト担当者が回答します。詳しくは   をご覧ください。

 

>>>アフターフォローシステムのご利用はコチラ

 

 

特徴⑤
「動画でレベルアップが加速する」というオーシャンズスクール ラボのコンセプトの通り、動画で見ることにより複雑なポイントも簡単にご理解頂くことが出来まる

特徴⑥
「フットサルがサッカーの武器になる」のオーシャンズスクール ラボのコンセプトの通り、フットサルの技術や戦術、トレーニング方法を学ぶことでサッカーチーム・選手においても独自性や成長に繋がる

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『商品情報』

商品名/名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー「ルックアップを技術として身につけるドリブル練習」

 

商品形態/有料動画  ※一度購入して頂ければ何度でもご視聴頂けます

対象/U-10向け練習動画(小学3年・4年対象)、指導者向け動画

 

価格/500

 

動画の長さ/1315

購入方法/クレジットカード及びpaypalによるお支払い