この動画は無料会員登録の上、ご購入(¥500)頂きご覧ください。


  会員登録する   ログイン

「ルックアラウンドを意識したポゼッション練習」

会員 ¥500
0 ←お気に入りはこちら
 58
ログインするとコメントをすることができます

名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー 
ルックアラウンドを意識したポゼッション練習


名古屋オーシャンズフットサルスクールで行われている練習を動画に収録。
練習メニュー紹介だけでなく指導ポイントを挙げ、よいプレーの紹介やプレーの改善点を実際に起こった状況での解説します。

今回のテーマは
ルックアラウンドを意識したポゼッション練習です。
子供は中々事前に物事を考えれないですよね。ボールが来る前に周りを見て判断に生かしてほしい。
そんな思いで練習を構築した1日の流れを収録。子供に練習のテーマが伝わり習得やすいようのつながりのある練習で効果を高めます。


>>>サッカー動画制作秘話ブログ「サッカー・フットサルはパスを受ける前こそが大切!!」
>>>【問題集】アナタならどちらの足にパスしますか??
>>>【回答編】アナタならどちらの足にパスしますか??


↓↓↓無料サンプル動画 (YouTube上で誰でも登録なしでご視聴いただけます)

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

◇名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニューって何?

日本No.1フットサルクラブ「名古屋オーシャンズ」の公認下部組織として愛知・三重県を中心に活動する「名古屋オーシャンズフットサルスクール」。
スクール生500名を超え、プロ選手も輩出している名古屋オーシャンズフットサルスクールで実際に行われている練習メニューを”指導者目線”で撮影・編集した動画です。

毎日現場で指導しているコーチが撮影・編集している本作品は、指導者が”本当に知りたい情報”が詰まった内容になっています。
ただの練習メニュー紹介ではなく、練習メニューのポイント、コーチングのポイント、練習メニューの細かいオーガナイズまで網羅されています。

また日本サッカーに欠けている「個」の育成にフットサルは、最適です。プレーヤーの数が少なく、コートも狭いフットサルだからこそフットボール全体(サッカー、フットサルなど)に通じる”本質”を学ぶことができます。

フットサルチームの指導者はもちろん、サッカーチームの指導者にとってもすぐに使える実践的な内容になっています。
※名古屋オーシャンズフットサルスクールは、サッカー・フットサルに共通する”フットボールの本質”を指導することを重視しています。フットサル特有の(サッカーでは使いにくい)技術、戦術の指導は、重視しておりません。

『指導者の 指導者による 指導者のための 練習メニュー動画』

それが「名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー」です。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

◇ポゼッションってどんなもの?

 

ボールをチームでキープするプレーです。

 

プロチームでは相手チームの守備陣系が整った後でもボールを保持しながら組織にひび割れを起こさせて攻めていくスタイルをポゼッションスタイルといいます。

 

ポゼッションって名前は知ってるし分かっているけど、いざ説明するとなると何だろう??ってなりますよね。

 

必要な技術は基礎の止める・蹴るの精度。

 

それに加えて判断力。

どこにパスを出すのか、出さずにボールを持ち運ぶのか。戦術とまではいかないレベルの駆け引きの判断。それを支える準備は情報の質で決まります。

つまりルックアップが必要です。

 

さらにチーム戦術では、勝負所の理解も必要。前進を焦りすぎ、無理に縦パスを入れてボールを失う。失点の可能性が高いカウンターを食らいたくないので安全にパスを回しつつも勝機を逃さない状況の戦術的意味も理解したいところです。(ポゼッショントレーニング②で紹介)

 



 

◇ポゼッションを理解すると何に役立つの?
 

ポゼッションに高度な技術が必要か?
というとそうではなく、状況判断能力と基礎技術を有している事でよりよい立ち回りができるようになります。
 

選手自身が判断基準を持ち、状況に合わせて臨機応変にプレーを決断すること。
それは試合を理解することに等しいことなのです。


また子供は成人と比べて視野が狭く、経験も少ないので見えていることだけで判断しプレーを決定します。
よりよい判断をするためにはよりよいアングルを持ち無意識にできる習慣を長期間の練習によって獲得させるべくトレーニングを行なっていく指導者も必要です。
習慣として身につけさせていく練習とコーチングのポイントを動画にてご紹介します。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 

◇この動画の練習内容は何?

 

1、ウォームアップ
 

パス交換中に周囲を見る意識づけ(結果がわかりきっている練習ではなく周囲の選手の動きを把握することをしながらパスを交換する)




 

2、ポゼッショントレーニング①
 

複数のビブスを使用して色による制限のあるルール設定でゴールなしボール保持を行うものです。
戦術に影響する技術を意識しトラップ、体の向き、視野の取り方などを意識します。
バリエーションとしてサッカーではモダンな戦術のゼロトップに似ているローテーション(ポジションを入れ替える)を発生させるルール設定もご紹介。




3、ポゼッショントレーニング②
 

ポゼッショントレーニング①ではゴールがない、攻撃方向がなくプレス回避を主としたポゼッションでしたが、
今度はより試合に近い状態の練習にするため攻撃方向の追加と受ける側のマークを外すタイミングを組み込んだ設定にします。

体の向きの意味合いが選手にとってリアルになり、次のプレーへとつながりのある事前準備が必要になってきます。

バリエーションとして受ける側のマークを外すタイミングに方法も追加して、事前準備を緻密にしていきます。

 


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


◇コーチにインタビュー


coach:kimura
名古屋オーシャンズフットサルスクール 豊田・北名古屋・NAS大高校担当 
木村コーチ
 


「なぜこの練習テーマを選んだのですか?」

 

サッカー・フットサルにおいて本当の意味で”上手い”選手、試合で活躍することができる選手というのは、高い『技術』と『判断力』を兼ね備えた選手だと思います。

『判断力』を高めるためには『認知』の質が重要です。
ボールを持っていない時にどれだけ周囲の情報を入れておく(ルックアラウンド)ことができるか?というのが良い判断をするためのコツです。

プレーレベルが上がれば上がるほど、ルックアラウンドの質がプレーの成否に直結します。フットサルではコートが狭いため、より一層の早い判断が求められるので、普段の指導からルックアラウンドは重要視しています。

ルックアラウンドは、サッカーチームでも必ず必要となってくる技術だと思うので、参考にして頂けたなら嬉しいです。


「練習メニューを組む時に意識していることはありますか?」
 

まずは1日の流れを考えます。
基本的には、ウォームアップで体と頭の準備を整え、トレーニング①でその日のテーマの大事なポイントを指導し、トレーニング②でより実戦に近い形で指導していくという流れです。

今回の練習メニューでは、オフ・ザ・ボールの部分がメインになるので、敢えてウォームアップは基礎の反復練習も兼ねたトレーニングにしました(判断の要素も入ってますが)。

トレーニング①ではルックアラウンドの重要性と具体的に「いつ?どのように?」周りを見るのかを指導しました。
多種類のビブスを使い、色々なルールを付け加えることで「ルックアラウンド」が出来ないと良いプレーが出来ないように持っていきました。
普段、あまりルックアラウンドが出来ていない選手も段階的に指導したことで、練習の最後には良い判断が出来るようになりました。

トレーニング②は、攻撃方向をつけることでより実戦的な内容にしています。
ポゼッション練習の陥りやすいミスとして、攻撃方向がないために実際の試合とは違う状況(リアリティの欠如)になりがちです。
ルックアラウンドのスキルをある程度身につけたなら、それをどのタイミングで、どのように活用するかを教えます。
攻撃方向が決まっているので、パスを受ける前に見るべきポイントが変わってきます。
その点を意識して指導しています。

トレーニング②は「パスを受ける駆け引き」や「3人目の動き」も絡んでくる非常に有効な練習メニューですので、重宝しています。



「ルックアラウンドを意識したポゼッション練習をすると選手はどのように変化(成長)しますか?」
 

ルックアラウンドが身についている選手とそうじゃない選手はプレーを見れば一目瞭然でわかります。

ルックアラウンドが身についている選手は、プレーの中で「ダイレクトパス」や「ダイレクトシュート」をよくします。
またルックアラウンドが身についている選手は、1stコントロールを工夫することが出来ます。

反対に周囲の状況を確認せずにパスを受けてしまうと「ダイレクト」の選択肢は発想として生まれてきません。1stコントロールはいつも足元に止めてしまったり、ディフェンスがいる方にコントロールしてしまいがちです。

ルックアラウンドを指導すると低学年でも自然とダイレクトパスをします。高学年にもなれば教えていなくてもワンツーなどのコンビネーションプレーが生まれます。

そういう時はコーチとして非常に嬉しく思います。



「最後に購入検討中の方に一言お願いいたします」

今回テーマにした「ルックアラウンドを意識したポゼッション練習」は、普段からオーシャンズスクールで行っている練習メニューです。オーシャンズスクールでは、サッカーとフットサルに通ずる”フットボールの本質”を大切に指導しています。

「フットサルの練習でしょ?」とは思わずに是非、サッカーチームの練習に取り入れて頂けたら幸いです。

まだまだコーチとして未熟な私ではございますが「日本のサッカー・フットサルの発展に、ほんの少しでも貢献することが出来たらこんなに嬉しいことはない」という気持ちで本動画を作成しました。

よかったらご視聴ください!!


 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

『名古屋オーシャンズフットサルスクール流〜ルックアラウンドを意識したポゼッション練習〜

 

特徴①

1日のトレーニングの流れ・つながりのある構築を紹介

 

特徴②

トレーニングパートで実際にプレーしている映像を交えながら戦術の基礎の理解を深めることができる

 

特徴③

ポイントを解説するのにわかりやすく音声や動画内で印や矢印で表記し指導内容、コーチングを深く理解することができる

 

特徴④
アフターフォローシステムにより、トレーニングに関する疑問点をすぐに解決することができる

※アフターフォローシステムとは、サービス対象商品の購入者のみ利用可能な限定サービスです。商品の内容に関するご質問に当サイト担当者が回答します。詳しくは  をご覧ください。

 

>>>アフターフォローシステムのご利用はコチラ

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『商品情報』

商品名/名古屋オーシャンズフットサルスクール流練習メニュー「ルックアラウンドを意識したポゼッション練習」

 

商品形態/有料動画  ※一度購入して頂ければ何度でもご視聴頂けます

対象/U-12向け動画(小学5年・6年対象)、指導者向け動画

 

価格/500円

 

動画の長さ/1445

購入方法/クレジットカード及びpaypalによるお支払い

    

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−